• トップ /
  • インプラント後の注意点

インプラントを長持ちさせる為に

インプラント治療は、人工歯根を埋込み、顎の骨への結合を待ち、それから歯を被せるといった外科的手術が必要です。手術後、傷が治るまでは、特に気を付けたいことがいくつかあります。これらを守らないとインプラントがうまく定着せず、最悪の場合は脱落することもあり得ます。しっかりと注意点を守るようにしましょう。術後は、処方された抗生剤は期間と量とを守って最後まで飲み切るようにしましょう。自己判断で勝手に服用をやめてしまう人がいますが、抗生物質は指示通り飲み切ることで効果を発揮します。きちんと服用しましょう。もし副作用と思われる症状が出た場合はすぐ医師に連絡しましょう。インプラントの手術後2~3日は、入浴を避け、シャワーで済ませることが望ましいでしょう。入浴すると血行が良くなり、傷口から血が出ることがあります。激しい運動も同様に避けます。また、喫煙も可能であればやめましょう。たばこは血行を悪くし、骨との結合を妨げたり傷の回復を遅らせたりする可能性があります。食事をする上での注意点は、硬いものや香辛料が多く使われているような刺激の強いもの、熱いものは避け、柔らかいものを食べるということです。手術部位の反対側で噛むようにしましょう。また、歯ぎしりもしないように気を付けましょう。患者によって、注意すべきことがらが異なることがありますので、担当の歯科医師に注意点を確認するといいでしょう。しっかりと守りましょう。

↑PAGE TOP

Menu