• トップ /
  • インプラント後に気を付ける

正しい知識でインプラント治療を

歯科でインプラント治療を受けるということは、以前でしたら結構大変なことの様に感じる方が多かったものですが、医療技術が進歩した現在では、きちんとした歯科医師にかかってインプラント手術を受け、術後の対応をきちんと行っている限り、それほど心配のいらないものとなっています。さて、では具体的に術後に注意すべき点を挙げるのならば、手術終了直後、歯茎に行った痛み止め注射の麻酔が1~2時間で切れてくるわけですが、麻酔が効いている間は、インプラント周辺や頬の粘膜、また、舌や唇の感覚が無いことから、誤って噛んだりしない様注意が必要です。噛んでしまうと腫れたり傷の原因となってしまいます。また、うがいについても、手術直後に口をゆすぐ際には、水を口に含んで軽く吐き出す程度にとどめましょう。そして、術後2~3日は傷口のかさぶたが剥がれたり再び出血する可能性があるので、強いブクブクうがいも控えのが肝要です。無理をした場合、インプラント周辺などに強い痛みを伴った炎症が発生する可能性があるので注意して下さい。さらに、薬の服用については、歯科医師から処方された内服薬は、必ず指示通りに飲みきることが大事です。また、術後の食事ですが、辛い食べ物や香辛料が多く入っている食べ物、硬い食べ物、アルコール等は、痛みや出血、腫れの原因ともなりますので、痛み止めの薬を飲まずに過ごせる様になるまで、歯科医の指示に従って控えましょう。その他、インプラント手術後に気をつけるべきことは、お口の清掃を歯科で受けた指導通りに行って口内を清潔に保つことであるとか、入浴や運動も手術の後、2、3日は控える等といったことがあります。

↑PAGE TOP

Menu